日本神経化学会事務局



〒160-0016
東京都新宿区信濃町35
信濃町煉瓦館
(一財)国際医学情報センター内
TEL:03-5361-7107
FAX:03-5361-7091
E-mail:jsn@imic.or.jp
 

学会からのお知らせ

 

新着情報


2019/06/06

日本神経化学会 子育て支援篤志基金(2019年度)

| by 学会事務局.
日本神経化学会 子育て支援篤志基金
理事長 小泉修一
ダイバーシティー推進委員会委員長 東田千尋

最近は多くの学会で、大会時の託児室の配慮がなされております。
しかし、帯同者(お子さん)の旅費、宿泊費につきましては多くの学会で未対応かと思います。
文科省の科研費につきましても、今のところ託児料は出せますが、旅費関係は支援されていないと思います。
本学会では2018年度より「子育て支援篤志基金」を設けることにいたしました。

「子育て支援篤志基金」は年次大会出席のため未就学児および小学生の帯同が必要な場合に、公的研究費で支出困難な帯同者に要する旅費、託児費用等を補助するものです。
詳細は下記の選考規約を参照下さい。


皆様のお知り合い、先輩、後輩に広く周知いただき、多くの方に奮って応募していただきたくここにお知らせいたします。

なお、応募に当たっては下記の応募様式に必要事項を記入し、e-mailに添付、日本神経化学会事務局(jsn@imic.or.jp)までお送り下さい。
今回の応募期限は 2019年6月28日(金)です。ダイバーシティー推進委員会にて選考し、その結果については個々にお知らせいたします。
多数の応募をお待ちいたしております。


2019年度日本神経化学会子育て支援篤志基金申請書様式 こちらからダウンロード≫


◆応募方法◆
所定の応募様式 に必要事項を記入の上、日本神経化学会事務局(jsn@imic.or.jp)にメール添付で
6月28日(金)までにお送り下さい。

◆選  出◆
1)ダイバーシティ推進委員会がその任に当たり、受領者を選出する。
2)帯同する子1人につき1万円を上限として支援する。兄弟姉妹がいる場合、2人目以降は子一人につき上限5千円とする。
08:30 | 募集します