ISNーAPSN MEETING


ISN/APSN合同大会の開催場所が京都からホノルルに変更されました。3月時点で外国人に対する入国制限のある日本での開催は困難だと判断され、入国制限のない米国ホノルルでの開催となりました。日程の変更はございません。

2022年4月8日時点での情報です



1
)大会公式サイト

https://www.neurochemistry.org/2022-isn-apsn-meeting/general-information/

 

2)  演題募集(口演、ポスター)

上記Websiteに募集が開始されました。最終締め切りは5月15日で、締め切りの延長はございません。

なお、各種アワードの締め切りは4月30日ですので、ご注意願います。

 3参加登録について

上記Official websiteからの参加登録となりますが、ISN或いはAPSN会員であれば登録費は非会員よりも安価となります。既にどちらか或いは双方の会員資格をお持ちの方はそれで結構ですが、日本神経化学会会員でどちらにも入会されていない方には、今回特別にAPSN会員資格(2021−2022年)を無料で付与することができることとなりました。これは両学会の間の取り決めで日本神経化学会員を団体契約でAPSN会員とするものです。APSN会員への登録料は無料ですが、登録手続きは必要ですので日本神経化学会ホームページのISN/APSNタブにある会員登録手続き(こちらをクリック)を参照下さい。(リンク先には70USドル/2年間と記載してありますが、今回は無料です。)

 

4)  ISN advanced schoolについて(未定)

本大会の会期前にISN Advanced Schoolが予定されています。このスクールは座学のみで実習はありません。ISNAPSNのメンバー主体に講師が選抜され講義を行います。スクールの期間、場所、プログラムの詳細については追ってお知らせします。受講生の募集についてもOfficialサイトを通じて行われる予定ですが、このサイト及びメーリングリストにてもお知らせします。

 

5)サテライトシンポジウムについて(未定)

ISNからの補助を受けて二つのサテライトシンポジウムが企画されています。これについても詳細は追ってお知らせいたします。

 

6NeurochemicalResearch 誌の特集号

多数のご投稿を有り難うございました。大会前に出版する予定で準備を進めています。

  

 

(2022年4月8日)