[無題]

神経化学の若手研究者育成セミナー

日本神経化学会では,明日の神経化学を支える人材の養成を目指し,神経化学の若手研究者育成セミナー(以下、若手育成セミナー)を大会に併せて開催しております.
これまでの若手育成セミナーでは,第一線で研究に携わる講師陣が,最新の研究内容や実験手法,さらには研究者としての心構えなどについて熱心に講義し参加者と討論されてきました. 
神経化学会は深く討論することを重視する伝統がありますが,本セミナーでもこの伝統が受け継がれています. 
講義・討論・フリーディスカッションを通して,講師や参加者同士が自由に意見交換しながら,神経化学の楽しさを感じていただければと思います.

なお本セミナーには,多くの企業からのご寄附や広告協賛によるご支援をいただいております. 
厚く御礼申し上げますとともに,今後とも引き続きご支援賜りますようお願い申し上げます.

神経化学の若手研究者育成セミナー開催

2024年度若手研究者育成セミナー 参加募集要項

2024年3月1日 12時58分 [日本神経化学会]

日本神経化学会では、未来の神経系研究分野を支える人材の育成を目指し、年次大会の開催にあわせ若手育成セミナーを開催してきました。第17回を迎える2024年度の若手育成セミナーは、3学会合同大会として開催されるNEURO2024(第67回日本神経化学会大会・第47回日本神経科学大会・第46回日本生物学的精神医学会年会)の開催期間中に開催する運びとなりました。そのため、広く3学会から参加者を募集します。

本セミナーでは、第一線で神経系研究領域を先導されている研究者を講師として迎え、研究者としての心構えやキャリア形成、そして最新の研究内容や実験手法などについて熱心に講義して頂き、セミナー参加者と議論を深めます。最近には、これまでの本セミナーの参加経験者から、自身の研究室を主宰する教授・チームリーダーなどの若手PIと生まれており、本セミナーの講師として若手研究者の育成に尽力するという、好循環の形ができております。今回ご協力いただく19名のセミナー講師陣は、著名なベテラン研究者に加え、若くして研究室を主催する新進気鋭の研究者、多くの女性研究者によって構成され、ダイバーシティも十分に配慮されております。多様な講師陣に加え、考えを共有できる同世代の若手研究者と、研究内容や今後のキャリアパスについて深く議論できる貴重な場です。多数の皆様の御応募をお待ちしております



2024年 若手研究者育成セミナー



【概要】 

事前説明会および打ち合わせ
日時:2024年7月22日(月)18時〜20時
形態:オンライン(Zoom開催)

セミナー開催
日時:2024年7月24日(水)
・18時30分〜19時25分 個別セミナー 第1部
・19時35分〜20時30分 個別セミナー 第2部
・20時40分〜22時30分 全体討論会

場所:福岡サンパレス会議室

内容:個別セミナー(2部制)では、5-6名程度(講師1名、チューター1名およびセミナー参加者3-4名を想定)の少人数グループに分かれ、講師(予定講師リスト参照)による講義とセミナー参加者自身による研究内容の紹介、およびフリーディスカッションを行います。また、第1部と第2部でグループ構成を変えるため、少なくとも2名の講師とディスカッションが可能です。全体討論会では、すべての講師および参加者を交え、研究やキャリアパスなどについて議論します。

参加費
無料

 

セミナー参加募集人数
60名程度(原則、先着順)

 

参加資格 
NEURO2024に参加する日本神経化学会、日本神経科学会、日本生物学的精神医学会の会員もしくは入会手続き中(入会手続き後に参加申し込みをしてください)で、指導教官の推薦を受けた学部生、大学院生および学位取得5年目までの博士研究者

講師リスト(50音順・敬称略)
・伊藤 美奈子(九州大学)
・大隅 典子(東北大学)
・岡野 栄之(慶應義塾大学)
・久保 健一郎(東京慈恵会医科大学)
・合田 裕紀子(沖縄科学技術大学院大学)
・佐々木 拓哉(東北大学)
・澤本 和延(名古屋市立大学)
・高野 哲也(九州大学)
・高橋 長秀(名古屋大学)
・竹居 光太郎(横浜市立大学)
・西岡 将基(順天堂大学)
・服部 祐季(名古屋大学)
・林 朗子(理化学研究所)
・藤田 幸(島根大学)
・藤山 文乃(北海道大学)
・古屋敷 智之(神戸大学)
・牧之段 学(奈良県立医科大学)
・村松 里衣子(国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター)
・和氣 弘明(名古屋大学)

備考
個別セミナーの際に、お弁当と飲み物を提供します。
また、セミナー参加者のうち、希望者には宿泊ホテル(2024年7月24日 宿泊分)を提供します。

参加申込方法
若手研究者育成セミナー参加申込み用リンク( https://forms.gle/79q7vbEodpenjRaz6 )にアクセスし、必要事項を記入の上、推薦状(雛形を使用してください)をアップロードすることで申込みが可能です。

推薦状(雛形)

募集期限
2024年4月12日(金)正午まで

お問い合わせ先
増田 隆博(九州大学)masuda.takahiro.074@m.kyushu-u.ac.jp
坂井 謙斗(山梨大学)ksakai@yamanashi.ac.jp

過去の開催記録

開催場所
国立京都国際会館・大原山荘
大会長
木山 博資
理事長
木山 博資
世話人代表
橋本 均
世話人副代表


期間
2013年6月20日~22日
参加人数
52名

■グループディスカッションの様子

6回若手育成セミナーは、時期的に会議場周辺に宿泊地を確保できず、当初開催自体が困難な状況でしたが、大原山荘で実施することができました。あいにくの雨で、移動にも時間がかかりましたが、講師・チューターの先生方とたいへん熱心にディスカッションしていただきました。このセミナーに参加された全ての方々、ご支援いただいた多くの皆様に厚く御礼申し上げます。


 理事長・大会長木山 博資名古屋大・院医
 世話人
橋本 均大阪大・院薬/
5大学連合大学院小児発達
石川 保幸
前橋工科大・システム生体工学
鹿川 哲史
東京医歯大・難治疾患
笠井 淳司
大阪大・未来戦略
株田 智弘
精神・神経センター・疾病四部
小泉 修一
山梨大・医
熊本 奈都子
名市大・院医
黒田 啓介
名古屋大・医
永井 義隆
精神・神経センター・疾病四部
新田 淳美
富山大・院薬
橋本 亮太大阪大・院医/
5大学連合大学院小児発達

 講師 
 講義タイトルチューター
A佐藤真福井大学医学部/
子どものこころの発達
研究センター 
形態学的アプローチと発達神経化学の流れと将来笠井淳司

大阪大・
未来戦略機構

石川保幸前橋工科大学
システム生体工学科
初めての神経生理学


B
田中謙二
慶應大学医学部
精神・神経科学
精神科トランスレーショナル
リサーチ
オプトジェネティクス
堤弘次
北里大・理・
生体機能学
久保健一郎
慶應大学医学部
解剖学
発達の障害と神経発生学


C
村松里衣子
大阪大学大学院医学系
研究科分子神経科学
【ダイバーシティ推進委員会企画】
分子の発見から創薬へ
中枢神経回路の修復機構
黒田 啓介名古屋大・医
古谷真優美
アスビオファーマ株式会社
薬理第一ファカルティ
製薬企業における創薬研究:
急性心不全治療薬ハンプ




D
味岡 逸樹
東京医科歯科大学
脳統合機能研究センター
医学部出身ではない研究者が挑む神経系疾患研究


榎戸 靖
愛知県心身障害者
コロニー発達障害
研究所病理学部
運動障害病理研究室
山岸 覚浜松医大・
解剖・神経機能学
株田 智弘
国立精神・
神経医療研究センター
神経研究所疾病
研究第四部
 
E
高田昌彦京都大学霊長類研究所
分子生理研究部門
統合脳システム分野
サルも心の病にかかるか?
精神疾患の霊長類モデル!?池谷 真澄横浜市大・医学群
生体システム医科学系
橋本亮太
大阪大学大学院医学系研究科/
連合小児発達学研究科
神経化学が読み解く精神疾患の
病態メカニズム