神経化学の若手研究者育成セミナー

日本神経化学会では,明日の神経化学を支える人材の養成を目指し,神経化学の若手研究者育成セミナー(以下、若手育成セミナー)を大会に併せて開催しております.
これまでの若手育成セミナーでは,第一線で研究に携わる講師陣が,最新の研究内容や実験手法,さらには研究者としての心構えなどについて熱心に講義し参加者と討論されてきました. 
神経化学会は深く討論することを重視する伝統がありますが,本セミナーでもこの伝統が受け継がれています. 
講義・討論・フリーディスカッションを通して,講師や参加者同士が自由に意見交換しながら,神経化学の楽しさを感じていただければと思います.

なお本セミナーには,多くの企業からのご寄附や広告協賛によるご支援をいただいております. 
厚く御礼申し上げますとともに,今後とも引き続きご支援賜りますようお願い申し上げます.

神経化学の若手研究者育成セミナー開催

第16回(2023年)神経化学の若手研究者育成セミナー開催のご案内

2023年1月30日 10時00分 [日本神経化学会]

日本神経化学会では、未来の神経化学を支える人材の育成を目指し、神経化学の若手研究者育成セミナーを大会に併せて毎年開催しています。セミナーでは、第一線で研究に携わる講師陣が、研究者としての心構えやキャリア形成、最新の研究内容や実験手法などについて熱心に講義し参加者と討論します。日本神経化学会は深く討論することを重視する伝統があり、本セミナーもこの伝統を受け継いでいます。

第64回日本神経病理学会総会学術研究会・第66回日本神経化学会大会合同大会(2023年7月6日(木)~ 7月8日(土))の期間中に以下の通りセミナーを実施致します。今回、合同大会による開催であることから、日本神経化学会、日本神経病理学会両学会の会員の参加が可能です。皆様の御応募をお待ちしております。



第16回(2023年)神経化学の若手研究者育成セミナー



開催日程
2023年7月6日(木): 大会終了後 講義・グループディスカッション + 全体討論会
2023年7月7日(金): 合同大会懇親会参加後 全体討論会

募集人数
約60 名(原則、先着順)

開催場所
神戸国際会議場およびアリストンホテル神戸

参加資格
指導教官の推薦を受けた学部生、大学院生、ポストドクター(学位取得後5年目まで)の方で、第64回日本神経病理学会総会学術研究会・第66回日本神経化学会大会合同大会に参加する日本神経化学会あるいは日本神経病理学会の会員もしくは入会手続き中の方(必ず入会手続き後にお申し込み下さい。また合同大会参加登録時には懇親会には申し込まないで下さい。)。

参加費
学部学生・大学院生:無料
ポスドク     :5,000円

若手育成セミナー参加費、合同大会懇親会費、7/6・7/7の宿泊費、夕食・朝食代を含みます。交通費、合同大会の参加費はサポートしませんので各自でお申込みください。)

参加申込方法
2022年12月14日(水)より申込開始

下の「申込書」ボタンから申込書をダウンロードし、記入済みの申込書PDFファイルを電子メール添付にて下記宛先までお送り下さい。

申込書

申込書には、必ず、指導教員によるご推薦の署名をもらってください。
併せて、氏名、住所、所属、電話番号、連絡が付くメールアドレスを必ず申込書にご記入ください。
電子メールの件名は「若手研究者育成セミナー参加申込み」としてください。

宛先:吉村 武(大阪大学大学院 連合小児発達学研究科)
   tyoshimu@ugscd.osaka-u.ac.jp

応募締切期日
定員が集まり次第締切

講師・講義タイトル
参加人数が確定後、改めて受講したい講師の希望を伺います。
日本神経化学会会員は下記掲載の講師陣の中から2名の講師の講演を受講して頂くことになります。

グループセミナー講師(五十音順・敬称略)
・神経化学グループ

伊藤 美菜子(九州大学)
「免疫から見る脳研究~私のキャリアにおける勘違い~」

片山 泰一(大阪大学)
「社会課題を解決するために企業でできること、アカデミアでできること~自身の経験から~」

金子 菜穂子(同志社大学)
「内在性の脳修復機構の可能性〜新米PIの思い」

桐生 寿美子(名古屋大学)
「ダメージに対する応答の大切さ:神経再生・変性研究から研究生活まで」

小泉 修一(山梨大学)
「脳は置換できるのか2」

竹居 光太郎(横浜市立大学)
「神経発生から神経再生へ:向こう見ずサイエンスの勧め」

田村 英紀(星薬科大学)
「分子から行動を制御する神経回路研究の基礎:ストレス回復機構の解明に向けて」

長井 淳(理化学研究所)
「研究のために研究以外で大切なこと」

藤田 幸(島根大学)
「染色体のかたちから脳機能の発現に至るまでのメカニズム」

山岸 覚(浜松医科大学)
「キャリアアップのためにすべきこと・しておいた方が良いこと~留学のススメ~」

問合せ先
金本 聡自 (広島大学大学院 医系科学研究科)soshi-kanemoto@hiroshima-u.ac.jp
吉村 武  (大阪大学大学院 連合小児発達学研究科)tyoshimu@ugscd.osaka-u.ac.jp

過去の開催記録

第4回 神経化学の若手研究者育成セミナー(若手育成セミナー)
開催場所
金沢・山代温泉 瑠璃光
大会長
米田 幸雄
理事長
井上 和秀
世話人代表
伊藤 芳久・松田 敏夫
世話人副代表

期間
2011月9月25日~9月28日
参加人数
95名
第4回はベテランと若手研究者の組合せをコンセプトとして、1テーマを2名の講師の先生方にご担当頂き、合計10テーマを準備しました。21時からの開始にもかかわらず、2日間とも明け方近くまでいずれの会場も熱気にあふれていました。初日に開催された神経化学カレッジ2011は、大学院学生を対象にし、神経化学領域全般の知識を半日でカバーする講義として企画されました。神経化学の基礎から臨床までの知識を短時間に学ぶ、或いは整理する大変魅力的な講義でした。

大会長     米田 幸雄 (金沢大) 
若手育成セミナー世話人    伊藤 芳久 (日本大) 
神経化学カレッジ世話人     松田 敏夫 (大阪大)

神戸化学カレッジ2011
 講師
 テーマ
 竹林 実 呉医療センター うつ病
 田中 稔久 大阪大 アルツハイマー病
 松山 正剛 姫路獨協大 
 シナプス伝達
 金子 周司 京都大 ニューロン
 小山 豊
 大阪大谷大 
 グリア
 橋本 均 
 大阪大
 神経幹細胞

グループミーティング
  講師 講義タイトル
 A 野田 百美 九州大 メジャーリーグで生きていくためにすべき
 7つの習慣
 小泉 修一 山梨大
 B 東田 千尋 富山大 薬で知る脳のしくみ
 南  雅文 北大
 C
 新田 淳美
 富山大
 神経化学の研究者になってみて、
 やったこと、感じたこと
 澤本 和延
 名市大
 D
 馬場 広子
 東薬大
 グリア研究を出発点とした
 神経疾患へのアプローチ
 上原 孝
 岡山大
 E
 橋本 亮太
 大阪大
 女性研究者のライフプラン―いつ、
 何を、どう決めるのか―
 丸山 和佳子
 長寿研
 金子 葉子
 藤田保衛大
 F
 石川 保幸
 奈良先端大
 記憶・学習の分子基盤
 山田 清文
 名古屋大
 G
 津田 誠
 九州大
 グリア細胞から神経生理・
 疾患の仕組みを考える
 池中 一裕
 生理研
 H
 榎戸 靖
 東京医歯大
 神経系における新たな領域に
 どう挑むのか?
 津田 正明
 富山大
 I
 味岡 逸樹
 東京医歯大
 脳科学研究の発展に重要な
 裾野の広がりと多様性
 遠山 正彌
 大阪大
 J
 岡野 栄之
 慶応大
 神経幹細胞による発生, 再生, 疾患研究
 橋本 均
 大阪大