日本神経化学会事務局



〒160-0016
東京都新宿区信濃町35
信濃町煉瓦館
(一財)国際医学情報センター内
TEL:03-5361-7107
FAX:03-5361-7091
E-mail:jsn@imic.or.jp
 

学会からのお知らせ

 

新着情報

日本神経化学会からのお知らせ
12
2020/05/14

生物科学学会連合による声明について

| by 日本神経化学会
生物科学学会連合より、「新型コロナウイルス感染拡大防止の緊急声明」が公表されましたのでお知らせいたします。

2020.5.8 新型コロナウイルス感染拡大防止の緊急声明(2)

     https://seikaren.org/wp/wp-content/uploads/2020/05/statement_20200508.pdf

2020.4.7 新型コロナウイルス感染拡大防止の緊急声明
15:53
2020/01/08

年会費無料キャンペーンのお知らせ

| by 日本神経化学会

この度、お得な年会費無料キャンペーンを行うことになりました。
2020年の1月より新規入会される学生、若手会員(学位取得5年以内)の方は初年度年会費が無料になりました。
ぜひこの機会にお近くの方をお誘いいただけますと幸甚に存じます。

神経化学 入会のご案内
https://www.neurochemistry.jp/about/

ご不明な点はお気軽に学会事務局へお問い合わせください。

会計担当理事 村松里衣子
理事長 小泉修一


13:33 | お知らせ
2019/06/06

日本神経化学会 子育て支援篤志基金(2019年度)

| by 学会事務局.
日本神経化学会 子育て支援篤志基金
理事長 小泉修一
ダイバーシティー推進委員会委員長 東田千尋

最近は多くの学会で、大会時の託児室の配慮がなされております。
しかし、帯同者(お子さん)の旅費、宿泊費につきましては多くの学会で未対応かと思います。
文科省の科研費につきましても、今のところ託児料は出せますが、旅費関係は支援されていないと思います。
本学会では2018年度より「子育て支援篤志基金」を設けることにいたしました。

「子育て支援篤志基金」は年次大会出席のため未就学児および小学生の帯同が必要な場合に、公的研究費で支出困難な帯同者に要する旅費、託児費用等を補助するものです。
詳細は下記の選考規約を参照下さい。


皆様のお知り合い、先輩、後輩に広く周知いただき、多くの方に奮って応募していただきたくここにお知らせいたします。

なお、応募に当たっては下記の応募様式に必要事項を記入し、e-mailに添付、日本神経化学会事務局(jsn@imic.or.jp)までお送り下さい。
今回の応募期限は 2019年6月28日(金)です。ダイバーシティー推進委員会にて選考し、その結果については個々にお知らせいたします。
多数の応募をお待ちいたしております。


2019年度日本神経化学会子育て支援篤志基金申請書様式 こちらからダウンロード≫


◆応募方法◆
所定の応募様式 に必要事項を記入の上、日本神経化学会事務局(jsn@imic.or.jp)にメール添付で
6月28日(金)までにお送り下さい。

◆選  出◆
1)ダイバーシティ推進委員会がその任に当たり、受領者を選出する。
2)帯同する子1人につき1万円を上限として支援する。兄弟姉妹がいる場合、2人目以降は子一人につき上限5千円とする。
08:30 | 募集します
2018/10/22

ダイバーシティー推進委員会からのお知らせ

| by 学会事務局.
日本神経化学会ダイバーシティー推進委員会にて
今年の初めに実施したアンケートの集計結果を公表いたしました。

08:30
2018/10/15

トラベルアワード更新のお知らせ

| by 学会事務局.
鍋島トラベルアワードおよび日本神経化学会トラベルアワードを更新いたしましたので、お知らせいたします。

鍋島トラベルアワード
日本神経化学会トラベルアワード
09:13
2018/09/04

日本神経化学会の60周年を記念した特集号について

| by 学会事務局.
Neurochemistry International誌におきまして、日本神経化学会の60周年を記念した特集号が発刊されました。
詳細は下記を御覧下さい。
   
https://www.sciencedirect.com/journal/neurochemistry-international/vol/119/suppl/C
08:30
2018/06/21

日本神経化学会 子育て支援篤志基金

| by 学会事務局.
日本神経化学会 子育て支援篤志基金
                       理事長 和田圭司
                 ダイバーシティー推進委員会委員長 東田千尋

最近は多くの学会で、大会時の託児室の配慮がなされております。
しかし、帯同者(お子さん)の旅費、宿泊費につきましては多くの学会で未対応かと思います。
文科省の科研費につきましても、今のところ託児料は出せますが、旅費関係は支援されていないと思います。
本学会では未就学児の帯同に関わる旅費について支援するための「子育て支援篤志基金」を設けることにいたしました。

「子育て支援篤志基金」は年次大会出席のため未就学児の帯同が必要な場合に、公的研究費で支出困難な帯同される者に要する旅費を補助するものです。
詳細は下記の選考規約を参照下さい。


早速2018年度の大会から同基金の運用を開始いたしますので、皆様のお知り合い、先輩、後輩に広く周知いただき、多くの方に奮って応募していただきたくここにお知らせいたします。

なお、応募に当たっては下記の応募様式に必要事項を記入し、e-mailに添付、日本神経化学会事務局(jsn@imic.or.jp)までお送り下さい。
今回の応募期限は 2018年7月13日(金)です。ダイバーシティー推進委員会にて選考し、その結果については個々にお知らせいたします。
多数の応募をお待ちいたしております。


2018年度日本神経化学会子育て支援篤志基金申請書様式 こちらからダウンロード≫


◆応募方法◆
所定の応募様式 に必要事項を記入の上、日本神経化学会事務局(jsn@imic.or.jp)にメール添付で
7月13日(金)までにお送り下さい。

◆選  出◆
1)ダイバーシティ推進委員会がその任に当たり、受領者を選出する。
2)未就学児旅費にかかる実費を補助する。ただし、未就学児1人につき勤務地もしくは居住地から年次大会開催地までの往路、復路それぞれにつき上限1万円とする。


11:00 | 募集します
2018/05/30

理事長便り更新のお知らせ

| by 学会事務局.
理事長便りを更新いたしましたので、お知らせいたします。


15:06
2018/05/30

日本精神神経学会ならびに日本神経学会よりの提言について

| by 学会事務局.
日本脳科学関連学会連合事務局より、以下2つの提言につき、各学会より発表されたとのご連絡をいただきました。

(1)日本精神神経学会からの提言
「精神疾患の克服と障害支援にむけた研究推進の提言」
http://www.brainscience-union.jp/wp/wp-content/uploads/2018/05/43ae11a6527b8d48c5293972294d509a.pdf


(2)日本神経学会からの提言
「神経疾患克服に向けた研究推進の提言 2018」
http://www.brainscience-union.jp/wp/wp-content/uploads/2018/05/3007fd36f07356e4d8544d987aef4f1a.pdf
15:00
2018/02/26

日本学術会議による提言について

| by 学会事務局.
日本学術会議による「生物多様性条約及び名古屋議定書におけるデジタル配列情報の取扱いについて」の提言について


日本学術会議より、「生物多様性条約及び名古屋議定書におけるデジタル配列情報の取扱いについて」の提言が公表されたとのご連絡をいただきました。

提言「生物多様性条約及び名古屋議定書におけるデジタル配列情報の取扱いについて」「The treatment of Digital Sequence Information with respect to the Convention on Biological Diversity and the Nagoya Protocol」を公表いたしました。(平成30年1月22日)

日本学術会議
http://www.scj.go.jp/
和文pdf
http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-24-t258.pdf
英文pdf
http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-24-t258e.pdf
09:00
12