日本語 | English

 
TOP > 学会案内/入会案内 
 

日本神経化学会事務局



〒160-0016
東京都新宿区信濃町35
信濃町煉瓦館
(一財)国際医学情報センター内
TEL:03-5361-7107
FAX:03-5361-7091
E-mail:jsn@imic.or.jp
 

学会案内

 
日本神経化学会について

日本神経化学会のルーツは、昭和33年(1958)に大阪で開催された日本精神神経学会において発足した「神経化学、体液病理懇話会」に遡ります。その後臨床研究者に加え、生化学・薬理・生理・解剖など広い分野の基礎系神経研究者が参加し、昭和37年(1962)「神経化学懇話会」が設立され、1966年に日本神経化学会と改称しました。2007年には50周年事業を行ない、現在約1500名の会員を有する学会となっております。このような創設の経緯からもおわかりいただけるように、精神・神経疾患をあつかう臨床研究者と基礎研究者が一体となって情報交換を行い、分子というキーワードに基づいた精神神経疾患の原因や治療法の開発に繋がる多くの研究が本学会で発表されて参りました。創設以来学会での討論を重視し、その伝統は今にも受け継がれています。毎年行われる総会では、口演での発表に十分な時間をとり会員の顔がお互いに見える学会をめざしています。また若手の育成として、ユニークな合宿形式の育成セミナーを総会時に併設しており、大学院生などの若手とシニア研究者が膝を突き合わせて研究から人生論まで夜を徹して話せる場を提供しています。このように会員間のつながりをより親密にする仕組みを随所に設け、神経研究者間の情報交換の場や国内外への情報発信の場を提供しています。

本学会は世界の神経化学関連学会のなかで最も長い歴史を持ちますが、本学会の関連国際学会としては国際神経化学会(ISN; 学会誌 J Neurochemistry)やアジアパシフィック神経化学会APSNがあり、それらの学会の運営に本学会のメンバーが理事や会長などの役員として参画しております。一方、国内の学会としては日本生物精神医学会をはじめ神経系の基礎や臨床の学会と合同の大会を随時開催しております。また、日本神経科学会とは2001, 2004, 2007, 2010, 2013と3年に一度Neuro20XX大会を合同で行っています。

基礎や臨床などの立場や分野を問わず、精神・神経疾患や神経科学の分子基盤に興味のある方に本学会は常に開かれています。気軽に本学会に参加し自由な雰囲気のコミュニティーを是非味わっていただきたいと思います。
 

入会のご案内

 
(1) 入会の手続きについて
入会を希望される方は、入会申込画面よりお手続きください。
ご署名・捺印後の入会申込書を日本神経化学会へ郵送し、会費を納入いただいた時点で正式に会員として登録されます。(会員番号を自動送信いたします)

※入会にあたり本学会員の紹介(紹介印)が必要になります。
  もしお知り合いの会員がおられない場合は事務局にご相談下さい。
※入会金は不要です。

(2) 会員種別について
会員種別と会費は次のとおりです。

正会員  10,000円/年 
評議員  12,000円/年
功労会員  5,000円/年
若手会員  5,000円/年 
学生会員  3,000円/年 

※年会費は1月から12月までの1年単位とします。
※団体会員・賛助会員のご入会につきましては、以下入会申込用紙に必要事項をご記入の上、当会事務局宛てに郵送またはFAX、メール(jsn@imic.or.jp)にてお申し込み下さい。



(3) 会費の納入について(個人会員)
入会申込書ご提出後、1ヶ月以内に年会費払込票を発行致します。払込票がお手元に届きましたら、すみやかにご送金下さい。 なお、ご送金の確認を以ってご入会手続きが完了致しますので、お早めのご送金をお願い致します。

入会申込
ご入会を希望される場合はこちらからお手続きください。
【申込先・お問い合わせ先】
〒160-0016
東京都新宿区信濃町35 信濃町煉瓦館
財団法人 国際医学情報センター内
Tel.03-5361-7107
FAX:03-5361-7091
E-mail: jsn@imic.or.jp